[ 教会歴史 ]

日本基督教団八尾東教会の歴史


 

 

 

有澤和夫牧師 有澤禧年牧師 有澤慎一牧師

 日本基督教団八尾東教会の歴史 
【前史】
 日本基督教団八尾東教会の設立者は有澤和夫牧師です。有澤和夫氏は関西
学院大学の前身の専門学校の商業科を卒業した人で、卒業後、現在の神戸製
鋼株式会社の職工学校の修身科の教師として赴任し、キリスト教による信徒
伝道を試みた人です。父、有澤豊太郎は熱心な神戸須磨バプテスト教会の信
徒であったので、有澤和夫氏も忠実な信徒として多くのキリスト者を生み出
したのです。軍国主義の勃発と同時に、天皇崇拝・二重橋遙拝の荒波の中、
時世に引き回される信徒の中で、有澤和夫氏は「参拝拒否」を奉じるキリス
ト者のホーリネス教会の主張に傾倒して、須磨バプテスト教会を辞し、ホー
リネス教会(東洋宣教会)の中田重治師に従って、東京の青山にあった神学
校に入学しました。当時のホーリネス教会は監督と委員会派とが分裂し、中
田重治師は自ら「きよめ教会」として自立したときでした。有澤和夫氏は、
きよめ教会の牧師として大阪の東住吉区田辺本町に教会を設立し、伝道を開
始しました。日本国体はキリスト教を一括して管理するために<日本基督教
団>の名のもとに合同させ、きよめ教会は第9部として組み込まれたのです。
 第2次世界大戦の最中、天皇を現人神とする国体に反する者として有澤和
夫牧師は拘置所に拘留され、日本基督教団は6部(ホーリネス教会)と9部
(きよめ教会)とに解散命令を出し、教職の資格を剥奪しました。有澤牧師
が拘置所に拘留されている間に、教会解散の教会総会が開かれてしまうとい
うひどい切り捨てが行われました。その総会記録によれば「有澤和夫牧師を
拘置所から解放して貰いたかったら、教会財産を処分して、その半分を飛行
機のために献金せよ」というものでした。教会はそれを泣く泣く承知したの
です。教会を解散させられ、教職の資格を剥奪された有澤和夫氏は日本アル
ミ株式会社に入社して、終戦を迎えたのです。
【沿革】
@ 1946年3月31日八尾市山本町636番地の吉岡宅で【山本基督教
家庭会】という名称で、宣教活動が始められました。7月には三吉宅で日曜
学校が始められ、(吉岡氏と三吉氏とはご親戚であった)萩原宅で夕拝が始
まり、駒井宅では聖書研究会が始まるというように、少しずつ地盤が固まり
だしたのです。大和川で最初の洗礼式が挙行され、3名の方が初穂として受
洗されたのです。
A そこで1948年11月7日に、八尾市山本町438番地三吉宅に伝道
所を開設することになったのです。その名称は<ホザナ・エクレシア>でし
た。有澤和夫氏は、専心伝道に従事するために日本アルミ株式会社を退社さ
れることになったのです。
B日本基督教団から教団に復帰するようにとの誘いを荒谷健市牧師から受け
て、1946年3月1日に日本基督教団の第2種教会三野郷教会として(中
河内郡三野郷村福万寺455、原田宅)発足しました。
C八尾市山本町397−134に住宅を購入し、1951年3月1日に宗教
法人登録を完了して、1952年2月1日に、日本基督教団八尾東教会と名
称を変更したのです。
D1955年3月24日現在の土地を購入し、9月18日に会堂落成献堂式
を感謝の内に挙行しました。
E1960年2月2日には、日本基督教団八尾東教会は第1種教会と認めら
れて、1961年7月17日に八尾市山本町北7丁目7番地と変更しました。
F創始者有澤和夫牧師は1978年4月8日に召天されたのです。
 
 

y2014/04/30n